アルガンオイルの使い方

効果的にアルガンオイルを使うには?

その美容効果の高さに注目の集まるアルガンオイルですが、では、そのアルガンオイルをどのように使うのがいいのでしょうか。
まず、アルガンオイルの使い方として、もっとも多いのは、美容オイルとしての使い方でしょう。
そして、この美容オイルとしての使い方でまずすすめられる使い方として、洗顔後の肌に、少量のアルガンオイルを手に取り、顔全体にしっかりと広げなじませた後、化粧水や美容液などを使っていくという方法です。
洗顔で油分の失われた肌に、まずオイルで油分を与えることによって、肌のツッパリをやわらげ、肌そのものを柔軟にすることで、その後の化粧水などが吸収されやすくなるというわけです。
ただし、化粧水によっては、オイルを塗った肌に付けると、はじかれてしまう場合もありますので、そのような場合には、化粧水の後にアルガンオイルを塗るというのも、悪くない使い方でしょう。
化粧水を吸収した肌に、オイルで蓋をするようなイメージですね。
また、アルガンオイルは、ボディクリームとして使うこともできますし、髪のダメージケアにも使えます。
他にも、爪がもろく、割れやすい方におすすめの使い方ですが、爪と、爪のまわりの指先にアルガンオイルを塗り込むことで、アルガンオイルの栄養分で、丈夫で割れにくい爪にすることができるようです。
このように、とても美容効果の高いアルガンオイルだからこそ、色々な場面で、色々な使い方ができるのです。
きっとあなただけの使い方も見つかるかもしれませんね。