アルガンオイルの選び方

質の良いアルガンオイルの選び方

美容効果の高いアルガンオイルですが、その選び方を間違えると、せっかくの美容効果も発揮されないかもしれません。
アルガンオイルと名のついた製品は、今では多くのショップで売られるようになってきましたが、残念ですが、それに伴ってあまり質の良くない製品が売られていることもあるようです。
そんな質の良くないアルガンオイルではなく、質の良いアルガンオイルを手にするために、いくつか気を付けたいポイントがあります。
まず、質の良いアルガンオイルを見極めるポイントとして、もっとも重要なのは、その「色」です。
「色なんて、あてにならないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、実はかなり重要なポイントなのです。
良いアルガンオイルは、良い色をしているものです。
そして、良い色とはどんな色かというと、「透き通った黄金色」です。
金色に輝く宝石のような輝きこそ、良質なアルガンオイルの証なのです。
実は、アルガンオイルと同様に、植物由来のオイルであるオリーブオイルやグレープシードオイルでも、質を判断するために色が重要だと言われているのを聞いたことがある方もいるでしょう。
もっとも、オリーブオイルやグレープシードオイルなど、食用のオイルについては、品質を保つために色の付いた容器に入れられていることがほとんどですので、普通はなかなか色で判断はできません。
しかし、販売されているアルガンオイルの容器は、多くの場合、透明ですから、じっくりと色を判断することができるはずです。
もし、中の色が見えないような容器に入っているアルガンオイルが売られていたら、それはちょっと怪しい品質かもしれませんね。